加湿器のお掃除

冬に欠かせない加湿器、マメに掃除して快適に冬を過ごしましょう

加湿器内の汚れの正体は、アルカリ性のカルキ

水道水に含まれるカルキ。

水が蒸発し、水道水に含まれる炭酸カルシウムなどのカルキがかたまり、フィルター や蒸気口にこびりつきます。

お掃除の基本は、汚れの成分を中和させて落としやすくすること。

様々な洗剤がありますが、弱酸性かアルカリ性か 商品に書いています。

中和させるには、汚れの成分の逆の性質の洗剤を使ってあげればよいのです。

カルキはアルカリ性なので、弱酸性のなので、弱酸性のクエン酸を使うと簡単に汚れが落ちます。

クエン酸を使った加湿器本体の掃除方法

ぬるま湯1リットルに対し、クエン酸を大さじ1程度 溶かします。

加湿器にその水をいれ、通常通り運転します。30分〜2時間程度

中を開けてきれいな雑巾などでふき取ります。

また、フィルターのあるタイプの加湿器は、フィルターをクエン酸を溶かした ぬるま湯につけ置きしておくと、汚れやにおいも取れます。


東大和店
谷口真奈美

バックナンバーはこちら>>

お問い合わせ お問い合わせフォーム メールでのお問い合わせ
ページ上部へ